スナッチもミスター・ロボットも10話までね。まあやっぱりキャラクターがキチンとしないと・・・・

  • 2019.01.14 Monday
  • 09:39

JUGEMテーマ:海外ドラマ



結局そこなのだよね。
主人公を覚えられないということが大きいのだ。
で、何をやっているの状況がやってきて
気が付くといきなり今回までねがやってくる。
これってだけど放送側は明らかにわかっているよね。
だから同時に始まり同時に終わるわけだ。

だけど逆にいろいろなことが見えてくるから楽しいというのんきな部分もあるのだが

まあ早送り視聴が可能なケースはキャラが完全に確立していて、ストーリーに筋が明確にあるものになっている。
そう、何気にcsiの早送りが結構楽しいのはそれがあるからなのだが・・・時間早く送っても意味が解っているから

うーむ、しかし、次は何が????
この楽しみは確かにあるのがcs
だけど、これって???という部分でへー。。。。と感心する局面が減っているような気もするのだが
・・・・

やっぱり常に意外とかびっくりは必要だよね。
おっさん視聴系の番組には。

いやあしかしあっさり思ったけれど、まあ当たり前だったな。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

ゲット・オン・ザ・バス
ゲット・オン・ザ・バス (JUGEMレビュー »)

いつの間にか発売されていた本当に差別とかいった悲しい現実を訴えかけてくる何時までの心の中に残る作品だ。やるせなさの中に強さを感じる地味で評価はイマイチのようだがスパイク・リーという監督の本当の凄さが出た作品だと個人的には思う。

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM