久しぶりのザ・フォッグ。

  • 2018.10.29 Monday
  • 20:17

JUGEMテーマ:映画


何気に久しぶりに見てしまった。
なんとも言えないな・・・・うーむ。。。。。うううううううなんだろうこの面白さ。
そうだけどこっているよね、この時代にしては。
そう、実は何気に好きなのだ。

大昔のホラー系の面白さの部分は何気にやっぱり手作り感覚なのかもね。
今みたいになんでもありの強烈殺害シーンの見過ぎは・・・気が付くと大爆笑というオチが・・・
何気になにをするのかの予想をしながら見ると結構わら得るのだ最近のホラー
それって見る考え方がおかしいのかな?
真剣に見てどーするの?
そう、そのわけのわからなさを楽しむのがたのしいはずなのにね。

まあいいや、しょせん変わり者の俺さ!
いやあ、妖怪が、幽霊なのか十字架を抱えた神父を襲う!!!
いやあアメリカンホラーの基本だな。
わかりやアすさがとーっても笑える。
そう、真剣に見るものではないのだ、昔のホラーは。
おいおい。それってのシーン満載がいいのだ。
わかりやすさが結構ね!
だから最近のホラーは懲りすぎなのだろうね。だから現実に本質が行きすぎだから社会的影響が・・・・

まあいいや!寝るのだ!
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

ゲット・オン・ザ・バス
ゲット・オン・ザ・バス (JUGEMレビュー »)

いつの間にか発売されていた本当に差別とかいった悲しい現実を訴えかけてくる何時までの心の中に残る作品だ。やるせなさの中に強さを感じる地味で評価はイマイチのようだがスパイク・リーという監督の本当の凄さが出た作品だと個人的には思う。

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM