CSIシーズン6・・・・・うーむ、6話7話を・・・・いやあなかなか重いね。

  • 2018.08.13 Monday
  • 20:32

JUGEMテーマ:海外ドラマ



本気で重い話だった。
だが結局はそういうことねの終わり方だったから、きっとその当時のアメリカで何かがあったのだろう。
間違えての殉職が最終的なテーマであったわけだ。
だがそこに行きつくまでの重さは本当にすさまじかった。
なんだろう、本当にこの仕事の重さと凄さと責任感・・・本気で普通にはなかなかできませんの世界だ。
それだけの銃社会の怖さをより一層と、いうことなのだろう。
だが、この重さがここまで再放送を続けられる原資にもなっているのだろう。
人間の死の重さが・・・
だけど現実の死はもっと重いということは社会がよく知っているからこの放送も可能なのだろう。
いやあ、だが本当にアメリカみたいな社会がこの番組の通りであるのであれば・・・というかたぶんそうなのだろうが、われわれには耐えられないな。
だから日本の場合はその犯罪が起きれば全国でキチンと考えて、
悲しみはみんなで分かちあって全員で闘うという習慣があるわけだ。

日本とアメリカの違い・・・やはり日本の方が幸せだよね。

銃社会であれ、世界中で防衛合戦であれ、まあ日常と違い過ぎだな。

やはり日本の普通の世の中が世界中に広がってくれた方がいいよね。

バトルよりも昼寝が最高!

そうならないかな????って、だが真剣に感じてしまったな。

しかしグリッソムさんがひたすら優秀ということがわかる話でもあったかな。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

ゲット・オン・ザ・バス
ゲット・オン・ザ・バス (JUGEMレビュー »)

いつの間にか発売されていた本当に差別とかいった悲しい現実を訴えかけてくる何時までの心の中に残る作品だ。やるせなさの中に強さを感じる地味で評価はイマイチのようだがスパイク・リーという監督の本当の凄さが出た作品だと個人的には思う。

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM