しかし絶対に日本では作れないドラマだな、ビッグバンセオリー。しかしシェルドンの究極のわがままはやはり笑える

  • 2011.02.04 Friday
  • 21:19
 しかし部屋のカギを部屋から出るときに忘れ(オートロックだ!)締め出されたシェルドンなのに気がつくとどっちが締め出されてこまっているのかわからない状況がまあシェルドンらしい。
だが子守唄まで歌わせてその挙句に部屋から退場させられる主のペニーというのもなかなかアホな状況だ。
まあだけど第一回からあきらかなのに誰もそんなことはつゆにも思わない状況はいつまで続くのだろう。
「君には僕がいる!」
しかしどっちが本当は必要なのだろうか?
究極のマザコン、シェルドンは本当に困りものだ。

だがしかしペニーのおおらかさは本当に凄い。というかこんな女性がいたらもう神様だな。
欠点だらけだがまあ何気に奥深さもある。(その上にファザコンだ)

ラスベガスに何気にハワードを慰めに連れ出す話の流れも突拍子もないが、話の流れは面白かった。しかしこれは15禁だな。

だが面白い。そろそろシーズン2も終わりが近い。気がつくとすでに再放送のCMが流れ始めている。

うーんシーズン3の放送が待ち遠しい。DVDを買ってしまいたくなる。悩むなあ・・・・・・・・・
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

ゲット・オン・ザ・バス
ゲット・オン・ザ・バス (JUGEMレビュー »)

いつの間にか発売されていた本当に差別とかいった悲しい現実を訴えかけてくる何時までの心の中に残る作品だ。やるせなさの中に強さを感じる地味で評価はイマイチのようだがスパイク・リーという監督の本当の凄さが出た作品だと個人的には思う。

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM